実際にこんなトラブルが!私が経験したホームヘルパーとのトラブルと対策方法

    

実際にあったヘルパーさんとのトラブルについて

今回は訪問介護サービスをお願いしている人なら必ず共感するような、ホームヘルパーとのトラブルをいくつかご紹介したいと思います。

もしこれから、ホームヘルパーを利用しようと検討している方は、未然のトラブル防止にも役立つので必見ですよ。

買い出しでのホームヘルパーとのトラブル

買い出しでのホームヘルパーとのトラブル

ホームヘルパーとのトラブルの中でも一番多いのがお金に関するトラブルです。「財布を無くした」「レシートを捨てた」「おつりが違う」「買い忘れ」「買い間違い」などトラブルの種類は様々。

なんでそんな所に行ったの?

買いに行くお店をこちらが指定しなければ、わざわざ遠いスーパーへ買いに行ったり、ヘルパーさんが個人的によく行くスーパーへ行ったりします。

一体何を買ったの?

「え?こんなに?」と目を疑うほどお金を使い過ぎるヘルパーさんもごく稀にいるので、財布はヘルパーさん用の物を用意して、カードや大切なものは一切入れないようにしましょう。また、財布の中身は常に把握しておき、毎回決まった金額を入れておくことも対策になります。

これはあるのに

必ず冷蔵庫の中身を確認してから買ってもらいたいものをピックアップして、余計な物は買わないようにさせましょう。製品メーカーの指定があればなおよしです。卵や牛乳など日によって値段が違う食材は、購入する物の値段の上限指定なども決めておくとも重要です。

お金関係は人間が最もシビアになる事なので、他人に財布を預けている時点で仕方のないのですが、事前に事細かいルールを決めておくことで効果的なトラブル防止策ですよ。

洗濯でのホームヘルパーとのトラブル

洗濯でのホームヘルパーとのトラブル

洗濯機の使い方、洗い方、洗濯物のたたみ方、洗濯物のしまい方などは、顔合わせの時に我が家のやり方をしっかり理解してもらうように心がけましょう。

2層式洗濯機が使えない

若いヘルパーさんは、2層式洗濯機の使い方がさっぱり分かりません。古めの洗濯機を使用している場合は使い方の説明やマニュアルなどを用意しておきましょう。

洗濯は1回で済ませたいヘルパー

また、男性のヘルパーさんに多く見られるのですが、下着、タオル、衣服を分けて洗濯せずに、まとめて洗ってしまうヘルパーさんもいます。排せつ物の付いたものとは2回に分けて洗うように指示しておきましょう。

どこにしまったの?

洗濯後のトラブルもあります。乾いた衣類をたたんでしまう際に、ヘルパーさんがどこに何をしまったか分からなくなってしまうことがあります。事前にしまう場所を指定するなり、たたむだけにしてもらうなり決めておきましょう。

その他にも、セーターなどの痛みやすい衣類は手洗いを、その日の天気予報を見て途中から雨が降りそうな場合は晴れていても部屋干しをしてもらうなどもトラブル防止に役立ちます。

なお、ホームヘルパーが行える業務範囲は介護サービス利用者本人のもの限定なので、あらかじめ家族と本人の衣類を分けておく必要がありますよ。

掃除でのホームヘルパーとのトラブル

掃除でのホームヘルパーとのトラブル

洗濯同様に、掃除機が置いてある場所や掃除機の使い方なども顔合わせの時にしっかり確認しておきましょう。「掃除機が見当たらなかったから掃除が出来なかった」といったヘルパーさんもたまにいますよ。

ある日突然、掃除機が壊れていた

また家電は正しい使い方をレクチャーしないと故障したり破損といったトラブルにもなりかねません。こうしたリスクを回避することも大切ですが、家電が壊れた場合の補償などもサービス事業者に確認するといいでしょう。

掃除のやり方もこだわりたい

掃除のやり方にこだわりがあり場合は遠慮なくお願いしましょう。人によっては、掃除機の後は雑巾がけをしているといった方もいますよね。

また、掃除する場所の順番にも気を使うといいかもしれません。トイレ掃除のあとにキッチン掃除や食器洗いをされては不衛生的です。

あとは、勝手に物を捨てないようにさせたり、メガネ・補聴器・リモコン・鍵などのいつもの場所にないと困るものは動かさないこと、掃除中に掃除機のコードに利用者がつまづいて転倒しては危険なのでそのあたりの配慮も行ってもらうといったことも必要です。

なお、大掃除や庭掃除、洗車のような日常的に行わないような掃除は、原則ヘルパーさんに依頼することはできません。あくまで利用者の行動範囲で常識的に考えた掃除のみ行います。

調理でのホームヘルパーとのトラブル

調理でのホームヘルパーとのトラブル

食べ物には人それぞれ好き嫌いがあるので、それなりにヘルパーさんとのトラブルも多くなります。特に利用者にアレルギーなどがある場合には、最悪死に至るケースもあるので注意が必要です。

健康状態にも気を使って欲しい

食べ物に関しては我慢せず好みを伝えることが大切。高血圧糖尿病など栄養管理をしているといった場合には、あらかじめヘルパーさんに伝えておきましょう。

味の調整

濃すぎたり、薄すぎたりと味付けに不満がある場合は遠慮なく言いましょう。我慢する必要はありません。ですが、度が過ぎたクレームになってしまうと訪問介護の契約が解除になってしまうこともありますので常識的な範囲でお願いしましょう。

せっかく作ったご飯を躊躇なく捨てるヘルパーさんもいます。捨てるのかラップをして冷蔵庫するのかなど、残り物はどうするのかも決めておきましょう。

ヘルパーさんは1日に数件のお宅を訪問しています。時間に追われているヘルパーのせいで、食べている横で食器を洗うなど、食べるのをせかされるといった場合もあると思います。そういった時は、無理に引きとめるのではなく「食器くらいはいいよ」寛大になることもいい関係性を築くコツですよ。

まとめ

時にはハズレを引いてしまい、本当に仕事が出来ないホームヘルパーが担当になってしまうこともありますが、一概にヘルパーさんが悪いとは限りません。もしかしたら私たち家族側にも責任があるかもしれません。

とにかくヘルパーさんとのコミュニケーションを大切にすることで、こういったトラブルは未然に防げるのではないでしょうか。

公式Facebookページにいいね!

最新情報をお届けします

コメントを投稿する

  1. ヘルパーって より:

    ヘルパーを頼むようになってやっと気がつきました。5分くらいで居間に来て座り込んで話をする人、時間に遅れて来て時間前に帰って行って当然な人。掃除を頼んだら洗剤をぶっかけ水で流す人。絶対こすらない。雑巾がけは指一本でのの字を書くだけだけの人。クレームを言った人もいるし、クレーム言ったら直すことはせずすぐやめる人、クレーム言わないでそのままにした人。数えきれません。ヘルパーって時間をテキトーに過ごしておいしく時給をもらっている人って最初からわかっていたら頼まなかったかも。クレームを言えばこちらの体調に触るし、家の中は汚れが落ちなくなってこびりついて汚くなったし。悪いけど事業所が潰れて行くのも頷けちゃいます。他の仕事って誠意をもってしないとクビになるご時世だと思いますが(というか、昔から上司から注意されたはず。いい加減だとクビになるのも当然なはず)、ヘルパーだけが自己主張するのがどうもわからない。ヘルパーってこんなものかって自ら自分たちの職業を貶めてると思うんですがねえ・・・。昔ながらの仕事をしないで給料もらえる仕事ってそう簡単にはないと思うけど。いらいらするのもバカバカしいし全部断ろうかなとか思う。こんなんでいいのかって思う。。。

  2. 利用者の愚痴 より:

    ヘルパーを利用して数年経ちますが噛み合わないし、トラブルがあっても泣き寝入りが多くて悲しくなります。
    掃除機に水が入っていたり、写真の目玉に針のようなもので穴があけられたり。
    下着入れに縫い針も。
    時間に遅れて早く帰るのも日常的。
    食材があるのに冷凍食品ばかり使って調理をしていくなど酷くて、ヘルパーさんに入ってもらうのが苦痛でストップしてもらってますが、必要性があってもともと頼んでいるのだから来ないのも本当は困ります。
    生活が回らなくて大変です。
    ホームヘルパーはトラブル多くて大変です。

「在宅介護について」の関連記事

介護者の負担軽減にもなる介護予防を日常生活に取り入れて行う方法

介護者の負担軽減にもなる介護予防を日常生活に取り入れて行う方法

自宅で介護を行う上で気を付けなければいけないこととして、これ以上様態を悪化させないようして、介護度を上げないようするということがあります…

寝たきり介護のリスクと予防の重要性

寝たきり介護のリスクと予防の重要性

介護者によっては「寝たきり介護の方が楽だ」と考えている方も多いようですが、それは大きな間違いです。人が寝たきりで生活するということは、様…

デイサービス(通所介護)の利用料金や1日の流れについて

デイサービス(通所介護)の利用料金や1日の流れについて

親の介護が必要になったとき、自分は仕事をしているのにどうしたらいいのかと悩む方も多いでしょう。家族は皆、仕事や学校などで出払うため、介護…

毎日の料理が大変だと感じたら食事サービスを利用する

毎日の料理が大変だと感じたら食事サービスを利用する

要介護認定が受けられず非該当(自立)となった場合は、訪問介護(ホームヘルパー)を利用することはできません。ですが、日々の食事を自分で作と…

ホームヘルパー(訪問介護)の選び方と契約時に確認するポイント11項目

在宅介護をする際に利用したいと考える人も多いホームヘルパー(訪問介護)。ですが、初めて契約する人にとってはいろいろ心配ごともあるかと思い…

小規模多機能型居宅介護施設の利用基準と費用について

最近話題を集めている小規模多機能型居宅介護施設とは、デイサービスの役割を果たす通所、ショートステイの役割を果たす宿泊、そして訪問介護(ホ…

ホームヘルパーとのトラブルを防ぐため顔合わせ初日にするべき事

ホームヘルパーが初めて自宅に訪問する日の様子

訪問介護の契約も完了し、いよいよ初めてヘルパーが自宅に来るという日の様子をご紹介します。一通りの流れをあらかじめ把握しておき、ヘルパーに…

ホームヘルパー(訪問介護士)に頼めること・頼めないこと

ホームヘルパー(訪問介護士)に頼めること・頼めないこと

在宅介護をしている方の多くが利用する訪問介護(ホームヘルプサービス)。ホームヘルパー(訪問介護士)がわざわざ自宅まで来てくれて、身の回り…

介護のマニュアル Facebookページ
ページトップぺ