はじめての介護で役立つ情報を

    

このサイトをご覧になっている方は、介護に関わっている、もしくはこれから介護に関わるという方が多いかと思います。既に介護を経験しているという方であれば、介護とはどういった事なのかを理解してることでしょう。しかし、これから介護に関わるという方にとっては、介護に対する不安や悩みを多く抱えていることだと思います。

「介護に対する不安や悩みを持った人の助けになれるサイトを作る」という思いから、介護情報ポータルサイト「介護のマニュアル」を立ち上げました。

はじめての介護に役立つ情報を提供

「そろそろ親の介護が必要になる」「自分の介護に向き合う時期かなぁ」などといった時に、このサイトを活用してもらえればと思います。

介護について調べる場合は、インターネットで検索したり、介護の本を読んだり、親戚などの身内から聞いたり、市役所の相談窓口を利用したりと様々方法があります。そんな多くの介護に関する情報を一つに凝縮してまとめる事を目標にしたのが、「介護のマニュアル」です。

介護が必要になったら「介護のマニュアル」を活用してください

介護が必要になってから調べるのでは遅い

多くの人は実際に介護が必要になってから、介護保険や要介護認定などを調べ始めていることでしょう。しかし、必要になったら時に情報収集をしている状態では、すぐに助けが必要な介護にとっては遅いのです。

介護は病気と同じで現在進行形。調べている間も、介護を必要としている人がいて、介護をしなければいけない人が必要になってきます。これまで自由に使えた時間が一転し、生活すべてが介護中心に変わり、そんな中で介護について調べる時間も無い状態になるかもしれません。

介護が必要になってから色々調べるのではなく、今後をある程度予想して介護に必要な予備知識を事前に調べておく事がとても重要なんです。そんな時にこのサイトを活用して頂ければ幸いです。

公式Facebookページにいいね!

最新情報をお届けします

コメントを投稿する

  1. 前原里美 より:

    全身打撲で、日常生活が困難。チリ出しや御飯作りが大変。買い物も、出来ない。身近に手伝ってくれる人がいない。病院も週に1回は薬をもらいに行かないといけない。どうしても、人の手がほしい。

「介護が必要になったら」の関連記事

認知症介護は「原因追求」より「理解すること」が大切

認知症介護は「原因追求」より「理解すること」が大切

認知症について重要視されるようになったのは最近のことです。それまでは「痴呆」や「ボケ」といったふうに呼ばれ、老化による一種の自然現象とし…

介護についての相談は高齢者相談窓口・地域包括支援センターへ

介護についての相談は高齢者相談窓口・地域包括支援センターへ

これから家族の介護と向き合うにあたって、最も大切なのは「相談できる人」の存在です。ですが、必ずしも周囲に家族の在宅介護経験がある人がいる…

病院への入院は介護宣告!高齢者の入院と退院後の介護について

高齢者が怪我や病気で病院に入院したら、同時に介護が必要になる可能性が極めて高くなるということも認識しておかなければなりません。 病気や様…

介護の共倒れを防ぐ行う「無理をしない介護」「頑張らない介護」

共倒れ介護を防ぐ「無理をしない介護」「頑張らない介護」

実際に家族の介護を行っていると、先が見えない現状に不安や不満が生まれてしまうこともあります。子供の育児とは違って、数年、数十年、続く事も…

介護には無理をせず長期的な考え方で向き合うことが大切

介護には無理をせず長期的な考え方で向き合うことが大切

介護とは、何かをやって終わりのような一過性のことではなく長期的な考えをもって向き合うことが大切です。今は症状が軽く要支援として認定されて…

介護のマニュアル Facebookページ
ページトップぺ